✽プロフィール

プロフィールのページにご訪問下さり、

ありがとうございます。

 

1963年生れ 福岡県在住  女性

ニックネーム Maka(まか)と申します。

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

lavender-2395071_1280.jpg

 

2017年10月に、様々な職種に携わってきた3次元での仕事を卒業し、

やっと自分の責任活動でもある、ライフワークを開始する運びとなりました。

 

魂の性質が両極端を持ち合わせていますので、今世でも両極端を体験し、

中庸を生きるという学びをしています。

 

人生の転機は幾つかありましたが、最も重要なターニングポイントは、

2007年に魂の姉妹でもあるツインフレームと出逢った後に、

共にディセンション(次元下降)が始まった事です。

 

それから約10年間にわたり、ツインフレームのサポートの元、

過酷な感情解放と潜在意識の浄化を徹底的に行ってきました。

 

浄化の前の私は、人に合わせて本音を言わず、努力は嫌いで思い付きで行動するという、自己中心的+無責任な性格でした…

 

しかし、自分の中と とことん向き合い成長し続けてきた事で、私の性格は180度変わりました。

 

今現在の私は、人の意識変化や自己受容などのお役に立てる事を、最大の喜びと感じています。

また、私自身の自己責任を果たす為にも、新たな課題に取り組み前進しています。

 

このような私の人生の歩みを、以下に記載していますので、

ご興味のある方は是非ご覧ください。 

 

 

 ✦子供・学生時代✦

 

福岡県生まれのハーフ。

アメリカ人の父は、私が生まれる直前に帰国し、母は未婚で私を出産した。

父親とは逢ったことが無く、幼少期は、祖父、祖母、母、私の4人家族。

 

 flowers-2562079_1920.jpg

 

子供の頃は極度の人見知りで、外国人のような外見がコンプレックスだった。

自分は人から嫌われていると思い込み、いつも疎外感を感じていた。

どこか暗い半面、気が強い部分もある子供だった。 

 

小学生の時は体育が大好きで、勉強は嫌いだった。

男の子のように活発で、いつも日が暮れるまで外で遊んでいた。

 

中学、高校はバレーボール部。

努力やきつい事は苦手だったので、高校での勉強や部活は苦痛だった。

 

特に目的もなく漠然と日々を過ごし、将来の事について考えた事もなかった。

 

 

✦社会人✦

 

高校卒業後、聞こえが良いという理由から、大手化粧品会社へ就職。 

主な仕事内容は、自分が最も苦手とする接客と販売だった事で、

精神的に苦しむ事となる。

 

目標も意欲もなかったが、3年間は辞めてはいけないと決めており、

結果的に4年半勤務したが限界を感じ退職する。

 

その後は、外車のディーラーへ2年ほど勤務し、次は軽い気持ちでゴルフショップへ転職した。

 

 sephora-450966_1920.jpg

 

 

✦結婚・出産・離婚✦

 

転職先のゴルフショップで知り合った同僚と、1年後の1989年に結婚し、翌年に娘を出産。 

しかし、家事と仕事の両立や、慣れない育児などで、結婚生活は行き詰ってゆく。

 

この頃、知人に勧められて受けた自己啓発のセミナーで、潜在意識に翻弄されている自分に気付き、衝撃を受けた。 

そして自分の認識していない自分の事を、深く知りたいと思うようになる。

 

また、自分を癒す為に、スピリチュアルな世界へ興味を持ち始めた。 

特にバシャールの本は、何度も何度も読み返した。

 

夫婦の関係は表面的だったが、当時それが表面的だとも気付いていなかった。 

何度か離婚したいと思ったことはあったが、その勇気はなかった。

 

そして結婚生活を保つために、無意識に嫌な現実は観ないようにし、いつしかスピリチュアルな考え方を、現実逃避として使ってしまっていた。

 

夫婦とも本音で話すことがなかった結婚生活は、お互いに不満を溜め込んでいて、

10年目、私は様々な問題を放置したまま、一方的に離婚に踏み切った。

 family-2485714_1920.jpg

   

 

 ✦離婚後✦

 

離婚後、娘を連れて実家へ戻った。

いきなりの離婚で娘は深く傷ついていた。

しかし私はその事に全く気付いてなく、様々な嫌な現実から逃れた安堵感で、自分だけが自由に生きていた…

 

 people-2604843_1920.jpg

 

2006年、何となく立ち寄ったショッピングモールの書店で、『リコネクション』の本のエネルギーに引き付けられた。

そして、何度か東京まで足を運びプラクティショナーになった。

初めの動機は、家族や動物を癒したいという気持ちからだったが、

仕事としてやっていきたいと思うようになった。

2008年までの約2年間、事務の仕事の傍ら、リコネクションも行っていた。

この頃にライトランゲージも話せるようになる。

 

  

✦ディセンション体験✦ 

 

<2008年からのディセンション体験で、前世をも含む自分のカルマ清算を行う>

 

2007年の夏、知り合いを介して、魂の姉妹のツインフレームNon(のん)に出逢う。

Nonは薬剤師で、漢方薬局を開店したとの事で、私が漢方薬を買いに行き親しくなった。

最初の半年間程は、お互い楽しみながらスピリチュアルな事を学んでいた。

 

しかし二人とも様々な不思議な体験と共に、徐々にディセンションが始まってゆく。

自分の中の高次元の部分が先にアセンションしてしまい、低次元の部分だけが取り残されたという感じだった。

  

私は歩き方や顔つきまでも変わってゆき、まず怒りの感情が爆発し始めた。

ちょっとした事にとてつもない怒りが込み上げて来て、その利己的な怒りの感情は今世だけに留まらず、前世のものまでも浮上した。

特にエジプト時代の怒りは強く表れた。

 

 pocket-watch-3156771_1920.jpg

 

そんなさなかに、当時高校3年生だった娘が妊娠してしまう。

娘の妊娠という非常事態を目の前に、私はまともな判断ができなくなっていた。

何よりも一番困ったのは、頻繁に感情が切断され、そうすると考える事が出来なくなり、人に同調してしまう事。

そして自分では、その自覚がなかった事。

自分で仕事を始めるために事務の仕事を退職したが、それどころではなくなっていった。

 

Nonもディセンションしている中、おかしくなってしまった私を必死でサポートしてくれた。

それは、切断された感情を感じられるように、その一つひとつを私に認識させ、鏡の法則を潜在意識に落とし込ませていくという、とてつもない作業だった。

そして私は、自分の中の悪と向き合わなければならず、受け入れ難い事が多かった為に、時に激しく反発した。

 

しかし、もう逃げ道は無く、逃げると更に大変になる事をNonがいつも諭してくれていた。

朝から晩まで休む間もなく自分と向き合う事に徹し、その状態が何年間も続いた。

 love-3084709_1280.jpg

 

2009年6月、娘は男の子を出産した。

相手の男性も同じ10代で社会人ではあったが、二人とも親になるには精神的に全く準備ができていなかった。

男性は子供が生まれて2週間程で出て行ってしまい、娘はシングルマザーとなった。

 

私と娘は、それまでに無意識に抑え込んでいた怒りの感情が浮上し始め、ぶつかり合いが更に激しくなっていった。

しかし逃げることなく、私と娘の関係性や、過去の家族の問題、娘の離婚に際しての問題など全てに必死に向き合った。

 

それらは全て浄化の為のプロセスであり、また自分の蒔いてきた種の刈り取りでもあった。 

 

trees-3464777_1920.jpg

 

そのような状態の中、私は経済的にも働かなくてはならなかった。

けれども別人のようになった私は、ディセンション前に普通に出来ていた事が出来なくなっていた。

意を決し、先ずは何とか近くの工場へ働きに行く事からスタートした。

  

40代後半から50代で全ての仕事を一から始める事は、肉体的にも精神的にも本当に大変だったが、必死で努力した。

メンタルケアやアロマや介護の資格も取得した。

 

怒りの感情の下には、哀しみや自己否定などの感情もたくさん眠っていて、それらも 徹底的に感じて手放していった。

感情解放をすると浄化が早く、通常何年もかけて潜在意識をクリアにするところを、急ピッチで卒業できた。

約9年間で7回転職し、最初は人と接することすら無理だと思っていた私が、事務、介護、医療クラークなど、徐々に出来る事が増えて行った。

 

仕事をしながらも、自分の感情解放をし、家では娘の感情解放もするという過酷な状態だったが、浄化が進むにつれ、少しづつ楽になっていった。

 

3次元での浄化が落ち着いてきた2017年夏、再びライトランゲージを話し始めた。

見えない存在のサポートとNonの後押しもあり、2017年10月、やっと3次元の仕事からの学びと浄化が終了した。

それと同時に娘と孫が自立し、新たな生活を始める為に引っ越しをした。

申し合わせたわけでもなく、同じタイミングで、それぞれ次のステップへ進むことになった。 

 

 climbing-to-the-top-2125148_1920.jpg

 

 

✦ディセンション体験から得られた事✦

 

約10年間、次元下降する事で闇を体験し、自分の蒔いてきた種を刈り取る事で、カルマの清算を行ってきた。

様々な経験をしながら内なる自分と向き合い、徹底的に感情解放を行ってきた事で、私の性格は180度変わった。

 

努力など殆どした事がない私だったが、努力する事で成長し、自分本位で無責任だった私が、自分の行動、言動、想いに責任を持つ大切さを学んだ。

前世を含むどんな問題であれ、全ては自己責任という事を受け入れ浄化をして来た事で、魂も大きく成長できた。

 

自分を許し、自分の中の闇を受け入れられた時、闇は光に変わった。

 

それらは、真の感情を感じる事でしか得られない、地球でのありがたい経験と学びだった。

 

ディセンションは長く苦しい体験だったが、その体験は何物にも代えられない、自分自身の宝となった。

これらの経験を活かし、新たな世界にシフトする為の責任活動へ辿りついたことは、魂の喜びです。 

 spring-2298279_1280.jpg

 

まるで真っ暗な闇の中から光を感じれるところまで、サポートしてくれたNonに心から感謝しています。

そして、共に大変な経験をしてくれた娘と孫。

一歩引きながらも近くにいてくれた母。

また、私の中を鏡として見せ続けてくれた周りの方々。

動物や植物達。

導いてくれている見えない存在。

学びの場を提供してくれている地球。

私の魂と肉体、プレアデスのツインレイ。

全ての繋がりに感謝しています。

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました。

長い期間浄化に徹してきましたので、よりクリアにエネルギーをお届け出来ると思います。

また、これらの私の経験が、何らかのお役に立てれば幸いです。 

 white-3129783_1280.jpg

 

▲ページTOPへ