✽Grace Shower Healing について

ごあいさつ

 

はじめまして。  

Grace Shower Healing グレイスシャワーヒーリング)

ホームページにお越しいただき、ありがとうございます。 

 

 roses-2230459_1920.jpg 

 

当ヒーリングルームでは、

クライアントの方がありのままの自分を感じ、輝いて生きる為の

浄化&波動調整ヒーリングやトークセッションなどを

提供させて頂いています。 

 

自分自身をどんどんクリアにし 、新たな意識に変化してゆくことは

本来の自分を取り戻し、ハートで幸せを感じる事に繋がります

  

地球は今、意識の時代へと移行しています。

自分の内側へと意識を向け、真の自分を知ってゆく事が

とても大切だと感じています。

 

一人ひとりが今の地球に生まれて来た意味深さと魂の目的を思い出し、

『想い』で繋がる世界が広がるといいなと想っています。

 

 

  

Grace Shower Healing について 

 

drip-2235618_1920.jpg

 

✦ヒーリング&セッションについて

当ヒーリングルームでは、特に私たち自身に多大な影響を与えている、潜在意識や感情などの波動エネルギーをクリアにしてゆく為のアシストや、心身のバランスを取り戻す為の波動調整ヒーリングを施します。

ライトランゲージとアースランゲージの声音を用いた波動調整ヒーリングは、強力な浄化作用もあり、学びの加速や魂の成長を促します。

 

✦波動調整は必要?

この世界の全てのものには、それぞれ固有の波動があります。

私たち人間や動物や植物などはもちろん、石のように硬い物質から、目に見えない空気や音、意識や感情にまでも波動があり振動しています。

そして、それら全ての波動は共鳴し合い、お互いに影響を与え合っており、それぞれが同じ波長のものを引き寄せています。

よって、自分の発している波動を調整することは、より良く生きる為にも重要なポイントと言えます。

 

✦浄化が有効な理由

人は様々な体験の中で、感じる事が出来なかった感情のしこりを、エネルギーブロックとして潜在意識に押し込めてしまいます。

場合によっては、前世からのカルマによる根深いブロックを持っている方もいらっしゃいます。

ブロックになってしまう感情には、・怒り・哀しみ・苦しみ・不安・怖れ・寂しさ・孤独・妬み・嫉み・自己嫌悪・自身のなさ・自己否定・諦め・虚しさ・羞恥心・劣等感 などがあります。

それらの感情が浮上したタイミングをチャンスと捉え、その都度自分の感情と向き合い、感じて手放せるとブロックにはなりません。

しかし、人は苦しみを伴う感情を悪い事として、避けてしまいがちです。

すると感じきれなかった感情は潜在意識に押し込められ、本人が気付くまで、その同じ波長の出来事を増幅させながら引き寄せ、体験すると言えます。

同じ繰り返しで苦しまない為にも、押し込めてしまっている感情を感じて手放す感情解放や、こだわりや不必要となった観念や判断などを手放す心の浄化は、とても有効です。

浄化をしてゆくには通常は長い年月がかかりますが、ヒーリングやトークセッションにより、学びを加速させることが可能です。

あなたの内に蓄積されたエネルギーを浄化してクリアになってゆくと、内側からの輝きが増し、望む現実を想造しやすい状態へと変化してゆきます

 

✦私の得意なこと 

私は、物質や意識や空間など、様々なエネルギーと繋がり、その波動を声に変換させる事を得意としています。

『光の言波ヒーリング』では、その声を使って、クライアントの方のチャクラやエネルギーブロックやハイヤーセルフ、また高次元宇宙などの波動音を表現します。

するとクライアントの方のエネルギーとの共鳴が起こり、必要な波動調整が行われます。

また、クライアントの方の言葉や潜在意識の波動から、ご本人では気付き難い浄化のポイントや、重要な感情のブロック等を感じ取ることが出来ます。

私自身が約10年間かけて、感情解放と潜在意識の浄化を徹底的に行って参りましたので、クリアな媒体となり得、クライアントの方へ より純粋なエネルギーをお届けする事が可能です。

トークセッションでは、経験を基にした意識の世界や宇宙の法則など、スピリチュアルな観点からのカウンセリングで、地に足の着いたアドバイスをさせて頂きます。 

 

green-2567172_1920.jpg

 

自分の得意な分野を活かし、

最善なセッションをご提供できるよう、

日々精進し歩んでいます。

 

グレイスシャワーヒーリングのセッションが、

皆様のお役に立てれば幸いです。

御縁のある方々のお申込みを、心よりお待ちしております。 

 

Maka (まか)

   

 

 ▲ページTOPへ